読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Four expressions

写真とか音楽とかMacとか自転車とか…趣味いろいろ

ギターのお話 その2:K.Yairi LO-65 HB

1年半以上放置してたこのブログですが、またぼちぼち更新していきたいと思っております。

さて、久しぶりのエントリーですがギターのお話です。
つい最近、アコースティックギターを購入しました。
K.YairiのLO-65 HBというモデルで、K.Yairiのラインナップの中では“エンジェルシリーズ”と呼ばれているモデルのうちの1つです。

f:id:four-expressions:20150927210307j:plain
(標準でハードケース付です)

ヤイリギターの中でもリーズナブルなギターですが、岐阜県可児市にある工場で職人さんによって製作されたハンドメイドギターですから、大変作りのしっかりしたギターです。

このLOシリーズのボディの形状ですが、一見ドレッドノートに見えますが、それとは違って、ドレッドノートを一回り(約85%)ほど小ぶりにしたヤイリギターのオリジナルシェイプになります。
日本人の体型に合わせて作られたそうです。
若干小ぶりなので、女性の方でも抱えやすく、弾きやすいのではないでしょうか。
ちなみに私は身長180cmありますが、そこまで小さくは感じません。
部屋で弾くことが多いのですが、むしろ取り回しも良く、バランスがいいので非常に弾きやすいです。
鳴りも非常に豊かです。大きさの影響はそれほど感じません。

スペックですが、トップはスプルース単板、サイドとバックはマホガニーの合板。
指板とブリッジはエボニーで、ナットとサドルは牛骨です。
弦はライトゲージを基準に設計されています。
塗装はサテンフィニッシュ(いわゆる艶消し)、透明ピックガードが付いています。
この価格帯のアコギで指板とブリッジがエボニーってのは嬉しいです。

f:id:four-expressions:20150927210402j:plain
(購入すると付属してくるスペックカード)

カラーは限定カラーのハニーバースト(HB)。
LO-65はカタログ掲載のカラーはレッドバースト(RB)のみなんですが、ショップオリジナルオーダーの限定カラーが他にもあったりします。
また、どうしても欲しいカラーがない場合は、ヤイリギターにカスタムオーダーして好きな色にすることも可能です。
色だけではなく、例えばカッタウェイを入れたいとか、ヘッドのロゴを変えたいとか、そういう注文もカスタムオーダーで可能です。

f:id:four-expressions:20150927210432j:plain
(ハニーバーストはオレンジ系のバースト)

LO-65の上位機種にLO-90というサイドとバックがマホガニー単板のモデルが有りますが、予算的に厳しい場合はこのLO-65でも弾きやすさや音など、ヤイリギターの良さを十二分に楽しめるモデルだと思います。

ハードケースも付いていて、非常にコストパフォーマンスは高いと思います。

2年前にそれまで所有していたRSY-801(K.Yairiとロックインの合作モデルでベースはすでに生産終了しているAY-65)を諸事情により手放してしまって以来、ずっとアコギなしの生活でしたが、やっとのことで、再びヤイリギターを我が家に迎えることができました。

これから弾き込んでいくにつれて鳴りの良いギターに育ってくれることでしょう。
大切にしたいギターがまた1本増えました。
今度はもう手放さないぞ!w

f:id:four-expressions:20150927210445j:plain
(エンジェルシリーズのシンボルである天使がヘッドに)